« 江戸千家 相伝式 | トップページ | 「平成二十七年孤峰忌」の記事を公開しました »

江戸千家会報『ひとゝき草』124号が発行になりました

岡倉天心の過ごした五浦での献茶と天心忌茶会、また家元が久しぶりに釜を掛けられた全慶應茶会など意義ある茶会が掲載されました。四季の草木は「小楢」の紅葉、深紅の色づきが冬の到来をしみじみと感じさせます。家元ご夫妻がこの夏欧州を旅行されたその楽しい波紋があちらこちらに散見され、楽しい号になっています。今年最後の会報をお楽しみください。

『ひとゝき草124号』目次

20151218101140_00001

|

« 江戸千家 相伝式 | トップページ | 「平成二十七年孤峰忌」の記事を公開しました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事