« 2015年2月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

東京茶道会月釜 不昧軒 席主:中野裕通氏

 5月10日日曜日、東京茶道会月釜が、音羽護国寺茶寮にて開かれ、江戸千家では東京不白会、家元直門として稽古に通われている中野裕通さんが不昧軒に釜を掛けました。
 床は紺紙銀字華厳経に平安時代の経筒、須恵器の茶器、茶碗は李朝の斗々屋と半泥子作の銘「駆け出し」。脇に置かれた古銅鳳凰その他、数々の名品が取り合わせられ、多くの参会者が新緑の美しい護国寺の一席を楽しまれていました(会記等詳細は、東京不白会会報「池の端」65号に掲載されます)


519

622

*Facebookでは、他の写真もご覧になれます。

|

「不白会だより」の記事を追加しました

江戸千家便覧『ひとゝき草』122号から、江戸千家の各地方支部からの報告「不白会だより」を4本公開しました。
引き続き掲載してまいります。

「不白会だより」

・師の誕生日を祝う茶会……藤田宗明(羅府不白会)
  

・岩手不白会 茶事研究会報告集から


・上越茶道会開府四百年記念茶会……高田不白会 小島秀雪
   

・自宅の茶亭主を引き受けて 家元招請研究会−【自宅の茶事】……橋本光雪(山形不白会)


11

   

|

『ひとゝき草』122号より記事を公開しました

江戸千家便覧『ひとゝき草』122号から、本年1月8日・9日・10日と行われた江戸千家家元での初釜の記事をホームページに公開しました。

平成二十七年 家元初釜

Dsc_1304

|

『ひとゝき草」122号より記事公開

平成二十七年 江戸千家全国連合不白会役員会・懇親会
       同役員会記念茶会 於大徳寺玉林院

江戸千家便覧『ひとゝき草』122号から、本年3月17日・18日と行われた京都での一連の行事を、江戸千家ホームページに公開しました。

江戸千家全国連合不白会役員会・懇親会


同役員会記念茶会 於大徳寺玉林院

13


|

江戸千家会報『ひとゝき草』122号が発行になりました

本号では、京都で行われた全国不白会役員会、玉林院で行われた記念の茶会が大きく取り上げられました。初釜や東京茶道会招待茶会など恒例の茶会、新たなテーマで始まった家元教場研究会の記事も掲載されています。谷村先生の「Tea Time」は「ナンパの昨今」。室町時代の庶民と茶との関わりが生き生きと紹介されています。「体操十種」一口メモもスタート。ご一読ください。

122号目次


特別企画「めざして百歳」を公開します。
江戸千家の大先輩のお元気な様子を紹介します。

1221


|

« 2015年2月 | トップページ | 2015年6月 »