« 百花園茶会 月見の会 | トップページ | 江戸千家ホームページを更新しました »

川上宗雪宗匠講演 「孤峰不白」と「天然如心」

 9月20日、茶の湯同好会主催、第33回定期講演会において、川上宗雪宗匠が「『孤峰不白』と『天然如心』」という演題で講演を行いました。
 表千家七代如心斎のもと、15年もの長きに亘り修業した流祖不白。二人の関わりや人となり、それぞれの号「孤峰不白」「天然如心」に込められた意味、また、如心斎二百年忌に先代の家元が京都大徳寺で釜を掛けた記録の紹介など、多くのスライドを用いて話されました。最後に、宗雪宗匠の持論である「初座の復活」「亭主相伴」なども力説されました。

Dsc_0995

*facebookでは、多くの写真がご覧になれます。

|

« 百花園茶会 月見の会 | トップページ | 江戸千家ホームページを更新しました »

ニュース」カテゴリの記事