« 江戸千家ホームページを更新しました。 | トップページ | 川上宗雪宗匠講演 「孤峰不白」と「天然如心」 »

百花園茶会 月見の会

 向島の百花園では、仲秋の満月を挟んで三日間、月見の茶会が開かれました。最終日の9月9日、江戸千家東京不白会会長の落合文雪先生とお社中が、芭蕉の間に釜を掛けられました。
 床は月に因み、江戸千家家元の書かれた「掬水」の掛物。手付きの籠には色とりどりの秋の草花、鳴子紋様が蒔かれた中次茶入や茄子の香合、トンボの蓋置、茶杓は銘星月夜。
 この日は冴え冴えとした空にスーパームーンと称されたこの上もない大きな月が上がりました。お席の中にも外にも満ちた秋の風情を、訪れた皆さんは堪能されていました。

Dsc_0923

*facebookでは多くの写真がご覧になれます。


|

« 江戸千家ホームページを更新しました。 | トップページ | 川上宗雪宗匠講演 「孤峰不白」と「天然如心」 »

更新情報」カテゴリの記事