« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

江戸千家ホームページを更新しました

江戸千家便覧『ひとゝき草』120号から、本年6月29日に行われた「東京不白会夏期講習会」の記事を、江戸千家ホームページに公開しました。

・第34回 東京不白会講習会

Photo

|

川上宗雪宗匠講演 「孤峰不白」と「天然如心」

 9月20日、茶の湯同好会主催、第33回定期講演会において、川上宗雪宗匠が「『孤峰不白』と『天然如心』」という演題で講演を行いました。
 表千家七代如心斎のもと、15年もの長きに亘り修業した流祖不白。二人の関わりや人となり、それぞれの号「孤峰不白」「天然如心」に込められた意味、また、如心斎二百年忌に先代の家元が京都大徳寺で釜を掛けた記録の紹介など、多くのスライドを用いて話されました。最後に、宗雪宗匠の持論である「初座の復活」「亭主相伴」なども力説されました。

Dsc_0995

*facebookでは、多くの写真がご覧になれます。

|

百花園茶会 月見の会

 向島の百花園では、仲秋の満月を挟んで三日間、月見の茶会が開かれました。最終日の9月9日、江戸千家東京不白会会長の落合文雪先生とお社中が、芭蕉の間に釜を掛けられました。
 床は月に因み、江戸千家家元の書かれた「掬水」の掛物。手付きの籠には色とりどりの秋の草花、鳴子紋様が蒔かれた中次茶入や茄子の香合、トンボの蓋置、茶杓は銘星月夜。
 この日は冴え冴えとした空にスーパームーンと称されたこの上もない大きな月が上がりました。お席の中にも外にも満ちた秋の風情を、訪れた皆さんは堪能されていました。

Dsc_0923

*facebookでは多くの写真がご覧になれます。


|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »