« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

京都玉林院月釜

去る3月16日、京都大徳寺玉林院の洞雲庵において、川上宗雪宗匠が月釜を担当しました。
床には流祖不白の師、如心斎の「渾崙呑個棗」の掛物、そして不白が師から賜った「客僧」が茶杓飾りとされました。待合では八寸に一献が供せられ、訪れた京都の人々との和やかな交流がなされました。詳細は、『ひとゝき草』119号に掲載されます。(photos by gun)

112

159

*facebookでも見られます。

|

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »