« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

江戸千家ホームページを更新しました

江戸千家会報「ひとゝき草」114号の中から、以下の記事をホームページ上に公開しました。


・第63回 東京不白会春の茶会

・ドイツからの便り No.11●待っていたことを伝える●

|

江戸千家ホームページを更新しました

江戸千家会報『ひとゝき草』114号の記事から、以下の項目をホームページに追加しました。

・京都大徳寺玉林院月釜 (主 川上宗雪宗匠)

・東京茶道会 月釜  月窓軒 (主川上博子)

引き続き公開していきます。お楽しみに。

|

『ひとゝき草』114号ができました

江戸千家便覧『ひとゝき草』114号が発行になりました。

114


本号では、川上宗雪家元の玉林院での茶会、また、川上博子先生の東京茶道会月釜、恒例の春の茶会など、年度前半の大きなお茶会が掲載されています。
家元教場研究会では、「相伝物」の課題がスタートしました。

東京不白会所属の方は、個別に発送されます。東京以外の会員の方は、所属する支部からお受け取り下さい。

|

東京不白会夏期講習会が開かれました

去る6月30日、江戸東京博物館大ホールにて、恒例の東京不白会夏期講習会が行われました。

今年は、谷村玲子先生による「武家の茶の湯と不白の時代」という講演でした。徳川時代の武家の生活、そして武家の茶の湯の特色など、多くのスライドをもとに話されました。

第二部では、川上宗康先生進行のもと、谷村先生と川上宗雪宗匠のパネルトークが開かれました。
不白の生きた時代から、不白の茶の湯を浮き彫りにする有意義な講演会でした。

Dsc_2321
Dsc_2342


|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »