« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

今年も一年ありがとうございました

本年も江戸千家ホームページをご覧いただき、ありがとうございました。
江戸千家事務局は、冬季休業とさせていただき、新年は1月5日より業務を再開します。
来年も、引き続きよろしくお願い申し上げます。
皆様、よいお年をお迎え下さい。

|

「不白会だより」の記事を追加しました

江戸千家ホームページの「不白会だより」に、二件の報告を掲載しました。

 ・朝茶事で亭主を学ぶ 家元招請研究会−【朝茶事】……保土沢宗喜(七戸)

 ・日々精進することへの誓い-乱飾ご相伝をいただいて–……大井清雪(長野)

 各地の年末年始の行事や初釜の様子など、レポートをお待ちしています。

|

納会が終了しました

Dsc_0280


Dsc_0289


江戸千家家元での納会が12月18日、19日の二日間執り行われました。

納会では代表者が亭主、半東となり、恒例の七事式の稽古が行われます。
皆さん、和やかに、かつ真剣な様子で取り組んでいました。

一年間のお稽古、ご苦労様でした。

|

『落暉残照』が発行されました

 江戸千家便覧『ひとゝき草』に連載されていた『落暉残照』が、一冊の本になりました。
 タイトルは、『落暉残照-茶人 大場宗韻翁への追慕』(足立淳著)


Rakki2


 写真も内容も大幅に増補。「改めて通読して、改めて感動した」という声が寄せられています。
 江戸千家川上宗雪宗匠も、序文を寄せてくださいました。
 是非、ご一読ください。

|

東京茶道会茶筌供養が行われました

Dsc_0280

12月6日、東京音羽護国寺において、茶筌供養茶会が開催されました。
今年は改修工事の影響で、法要の場所を本堂に移し、荘厳な読経が流れる中、使い古された茶筌の供養が行われました。


Dsc_0296


江戸千家では、東京不白会会長富塚宗喜先生が不昧軒を担当され、前日の冷雨とはうってかわっての好天の中、終日入席を待つ人達でにぎわっていました。
(詳細は、東京不白会会報『池の端』51号、江戸千家会報『ひとゝき草』107号に掲載されます)。

|

秋の親睦会が開催されました

245_2

 去る11月19日、江戸千家東京不白会では、平櫛田中彫刻美術館に於いて開催された「開館25周年記念展-平櫛田中 次世代に遺した珠玉の彫刻」の展観を中心とする親睦会が行われました。

 家元をはじめ、宗康先生、川上博之氏ご参加のもと、100名の会員が秋の一日を楽しんでいました。

 写真は、同館での呈茶。そして昼食会場の草門去来荘での様子です。


286
287

|

江戸千家ホームページを更新しました

江戸千家ホームページに、海外での活動の様子を報告する、2件の記事を追加しました。

・基本からお茶事までを集中的に学ぶ−家元招請研究会……ロサンゼルス不白会

・ドイツからの便り No.3 「ドイツで【尺八と茶の湯】  」……野尻–クレル 明子(ドイツ在住)

是非、ご一読ください。

|

江戸千家家元での相伝式が終了しました

Photo_3


江戸千家家元では、先週から相伝式が行われています。本日は最終日、真台子の相伝式が執り行われました。
乱飾、真台子と続いた式典の数日間、好天に恵まれ、中庭は明るい日ざしと鮮やかな紅葉に包まれていました。

相伝を受けられた皆様、おめでとうございました。


|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »