« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

東京茶道会の月釜

6月の東京茶道会月釜において、江戸千家東京不白会月尾宗君さんが、化生庵でお席をもたれます。
6月8日(日)、10:00〜3:30 於音羽護国寺茶寮(有楽町線「護国寺」駅下車すぐ)。
東京で活動する各流派により、八席の釜が掛けられる茶会です。
初夏の護国寺、お誘い合わせの上、お出掛け下さい。

茶会券をご入り用の方は、江戸千家事務局(03-3827-6652)までお問い合わせください。

|

教授者連絡会の特別勉強会が始まりました

Huhakuhikki
去る5月20日、徳雲会館3階(台東区東上野)において、江戸千家東京不白会教授者連絡会、特別勉強会が開かれました。
今年の課題は、川上宗雪宗匠を講師に迎えての、『不白筆記』の講読会です。

これから一年間、90人以上の参加者が、流祖不白の遺した文章の読解に取り組んでいきます。

|

東京茶道会招待茶会更新しました

平成20年2月11日に行われた東京茶道会招待茶会の記事を更新しました。

今回は、東京茶道会発足百周年を記念するもので、各流の代表が釜を掛けられました。

江戸千家家元川上宗雪宗匠は円成庵を担当されました。

2008年行事からも見ることができます。

|

『池の端』46号ができました

46_2

江戸千家東京不白会会報『池の端』46号が発行になりました。

本号は、先日開催された、第五十九回春の茶会の特集です。
趣向の凝らされた七席の様子が、写真、会記、編集部のコメントで紹介されています。

会員の方は、個別にお届けします。
非会員の購読者の方は、しばらくお待ち下さい。

|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »